Born of great love
Seeds of light scattered throughout the universe
Planets, water, earth, plants, animals,
And became a human
Transform into everything and repeat the eternity of death and regeneration
New species are born with their individuality and characteristics
The universe is expanding.
As the seeds increased, the seeds of light gradually came out of love
Forgetting that it was light, I started to see only the small world where I was.
A seed was born that only you want to be the best world
Seeds born in darkness dominated by fear and anxiety.
A war broke out between the same species, a species that was hurt and left a dark heart,
There are seeds that yearn for darkness, and seeds of light that want to taste such darkness.
And the two species split into light and dark
But since everything was born of one great love,
Earth, humans, and darkness
They are all seeds of light born from love.
Darkness is only a part of the light, and nothing beats the great love of mother
If we go back, we are all family members
Everyone is one love.
Remember you, the seed of light
Remember you who is love
Bloom beautiful flowers with your light,
Let's sow it as a seed
There are always people who need you

Bloom beautiful flowers with light,
Let's sow
Someone who always needs you
Seeds of light that can only be scattered by yourself
I am waiting now ...

そらのたねの支援のかたち

そらのたねの活動にある『支援』とは金銭的な支援だけでなく、

日常の中で人と人との思いやりや優しさを通した自然な支援も目的としています。

それはしがらみから生まれる強制的な支援や、競い合う目的ではなく

一人一人が自立した存在として、自分で取捨選択し、誰かを責めることなく

責任をもって行動しあえる場所でありたいと思います。

私情や利害は抜きにしたプロアマ、有名無名関係なくどんな人でも「同じ想い」を通して

自然と助け合えるコミュニティの場所であれたらと思います。

-無理なく自然と助け合える広い意味での支援のかたち-

 

そらのたねのはじまり

そらのたねの創作(活動は)当初、管理人の「愛芽」個人的な寄付だけでなく、仕事の中で支援ができたらもっと継続して支援ができるのではないかと、3Rの取組の中で支援活動をスタート。しばらくして、そらのたねという詩が生まれ、その詩の内容と支援が重なり合い、それが元となって現在に至ります。

地球も人間もみんなが豊かであったら自分も豊かで平和だなぁ…。そんなとても単純な想いから個人的に寄付を続けていくうち、自身の創作する作品や仕事を通して支援活動が出来ればもっと多く継続した支援ができるのではないかと、お金や食品だけでなく、ジュエリーやアクセサリーも寄付として支援ができる事を知り、2019年に不要となったジュエリーを寄付する取り組みから始まりました。
更に継続的な支援活動ができないかと思っていたところで、毎年開催している新作展のテーマから生まれた『そらのたね』の詩によって、この詩の想いを届けるのが私の使命だと感じ、人と人との繋がりや思いやりを大切にした、このそらのたねの活動が2020年にスタートしました。
アートと支援を織り交ぜたそらのたね
支援というものからスタートし、様々なジャンルの人たちとの出会いや繋がりによって、この経過の全てをアート創作の一つとして、総合した活動ができるよう、日々試行錯誤、変化をしながら、活動を続けています。
支援を文化に。ごく自然な事として困っていたら助け合う、そこから生まれる信頼関係や、コミュニティを大切にしている場所です。


このそらのたねに関わってくださるみんなが自然と助け合える社会に貢献出来たら素敵だなぁ…
ただそれだけの想いです。🌱​​​

活動に関しましては当ブログにて掲載しております。そちらからご覧くださいませ。